白井田七はアトピー性皮膚炎を軽減させる?

白井田七はアトピー性皮膚炎を軽減させる?

 

アトピーで一番辛いのは、繰り返してしまう強いかゆみや湿疹ではないでしょうか?

 

湿疹の症状も様々で、感想が強くささくれたり、じゅくじゅくと液体を伴ったり、ひりひりと痛痒かったりします。

 

しかも症状が出る部位も関節の内側や皮膚の弱いところに出てくるといわれています。

 

実際、この湿疹である炎症に、田七人参が効果があります。

 

田七人参だけに含まれるデンシチンは、血小板を増やす効果があります。

 

血小板には血を止めて炎症を食い止める効果もありますが、炎症の原因とされているヒスタミンを抑制する効果があります。

 

その上アトピーの症状を悪化させる原因は活性酸素の発生です。

 

活性酸素はストレスや紫外線などが要因として現れます。

 

田七人参に含まれるフラボノイドが、この活性酸素の発生を抑制します。

 

田七人参に含まれるサポニン、フラボノイド、有機ゲルマニウムが免疫力を上げる事で、アレルギー症状の抑制につながっているのです。

 

かゆみの炎症の悪化サイクル(かゆみ→かきこわす→炎症の悪化)の連鎖を断ち切ってくれるのです。

 

田七人参が皮膚の炎症を抑えてくれる事で、アトピーの症状を和らげる事ができます。

 

さらにアトピーの症状が穏やかなた方でも、田七人参のもつ活血作用が炎症で黒ずんでしまった皮膚を改善する効果があるといわれています。

 

アトピーは、毎日の生活の中でアレルゲンとなるものは避ける事が大事です。

 

しかも肌を清潔に保ちストレスのない生活を心がけてくださいね。

 

 

page top