白井田七は更年期の肥満体策が出来る!!

白井田七は更年期の肥満体策が出来る!!

 

女性の肥満は更年期障害だけではなく、生活習慣病および成人病の危険性で倍のつらさや苦しみを受けてしまいます。

 

肥満なままでいると、後々深刻な問題を引き起こしますから、できるだけ太らないように気を付けたいもの。

 

更年期には男性も女性も 加齢とともに性ホルモンの分泌量が減少するために、体内のホルモンバランスが崩れ、体に不調が現れます。

 

体だけではなく精神的なところにもこのホルモン分泌量減少は影響を及ぼします。

 

女性は元々脂肪を体に蓄えやすい性質である事が多いのですが、中高年女性の肥満は様々な危険性が高まります。

 

中年太りの原因

 

中高年女性の肥満原因は「食べ過ぎ」だけではなく、ほかにも色々あります。

 

人間の基礎代謝量は年を取るごとに減っていきます。

 

基礎代謝量が高ければ主食を主要とした食べ方でも問題はありません。

 

ただし40代を過ぎたらそうはいきません。

 

主食の代表である白米やパンは糖質が多く、血糖値を上昇させてしまいます。

 

血糖値が上がる事でインスリンはエネルギーとして使い切れない血糖を脂肪に変えてしまう働きがあるため基礎代謝の落ちている年代には肥満の原因となるのです。

 

女性ホルモンであるエストロゲンは食欲、体温、代謝、消化など これらをコントロールしてくれるものです。

 

更年期前後からエストロゲンの分泌が減少するため、このコントロール機能もうまくいかなくなる事が多い事から、体重増加から肥満になったりもします。

 

ストレス太り。

 

これ、実際にあるんです。

 

ストレス太りになる方は、甘いもの・油っぽいものを好む性質があります。

 

ストレスを感じると脳は「ストレスは体に悪いものである」という判断をします。

 

体の異変や脳への負担を減らそうとするために、糖分をとるよう働きかけるように人間はできているのです。

 

更年期の年代は、子供の受験・就職その上、結婚など育児の環境が急変したり、両親の擁護などからストレスをためてしまいがちです。

 

絶妙なストレスの発散方法を見つけましょう。

 

更年期以降は脂肪は内臓につきやすくなります。

 

内臓脂肪は、テレビCMなどでもよく見ますし、緊急記事も組まれるほど今では気を付けなければいけないものとなりましたが、内臓脂肪が溜まると体にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

 

内臓脂肪が溜まり肥満になるとインスリンの働きが抑えられるために糖尿病を誘発してしまいます。

 

それだけではなく、高血圧症や脂質異常症(高脂血症)をも関係している事がわかっています。

 

更年期に肥満にならないための食生活とは

 

食べ過ぎると肥満になるのはもちろんなのですが、更年期前後からは基礎代謝が落ちるため、食べる内容も優先しなければなりません。

 

食生活栄養バランスの整ったものを3食キッチリと食べる事。

 

上でも記述したように、主食を減らす事。

 

高タンパク材料を中心としたおかずを主要にする事で血糖値がコントロールできるようになります。

 

そして、高タンパクの材料は腹持ちがよいものが多いので、糖質の多いごはんを減らしても満足感が得られます。

 

和食を中心としたメニューを摂るようにしましょう。

 

血糖値の乱れは体の不調を招き、女性ホルモンの乱れにも関係してきますので、血糖値の乱降下を防ぐ事で女性ホルモンも安定します。

 

こうして 更年期の中年太りは 体に様々な不調をきたし成人病、生活習慣病を引き起こしてしまうため、できるだけ気を付けて生活するようにしましょう。

 

成人病や生活習慣病だけではなく、ひざの苦痛や腰痛にも効果があります。

 

白井田七のサプリメントは、こうした更年期の肥満や糖尿病の方にも効果が高いという口コミもたくさんみられます。

 

 

page top